愛媛県松山市の塾・学習塾|個別徹底指導アドバ【adva】|大学受験,高校受験,成績改善|苦手科目を『一番の得意科目』に変えよう!

個別徹底指導ADVA 苦手を得意に!!
今日からの努力で半年後の自分が決まる。未来の自分を変えてみないか?

■Q&A


お問い合わせや面談でよく聞かれる内容をまとめました。

1.7点の子が96点取ったなんて信じられない。ホントですか?
2.その子は元々頭が良かったというだけで、うちの子は無理ですよね?
3.やるべきことって何?具体的に何をやるんですか?
4.勉強の仕方がわかりません。頑張ってやっているのに点数が上がらないんです...
5.大手の塾へ行くか、個人の塾へ行くかで迷っています。個人塾の方がいいですか?
6.指導形態を教えて下さい。1対1ですか?
7.料金について教えて下さい。
8.料金が高くないですか?
9.コースについて教えて下さい。
10.教材は何を使っていますか?


1.7点の子が96点取ったなんて信じられない。ホントですか?


 (冗談混じりに?)よく聞かれるんですが...もちろん正真正銘、当塾で本当にあった話です。 ただ、元が7点だった(※1)ということが珍しいだけであって、90点台を取ること自体は全く珍しいことでは無いですし、むしろ、やるべきことをやって、完璧にしておけば、誰でも当たり前に取れる点数です。

※1 入塾する直前の期末テストが7点だったというだけで、実際には入塾前0点を何度も取った経験があり、点があるだけマシだったらしい...


2.その子は元々頭が良かったというだけで、うちの子は無理ですよね?


 入塾前の点数がこれ程低い子はなかなかおらず、当塾で最高の上昇率という理由でこの子をよく広告等で使わせてもらっていますが、90点以上を取れるようになる子はこの子以外にも沢山います。
 とは言っても、これまでにお引き受けした子の全員を90点以上にできたのかと聞かれたら、確かに、それはできておりませんし、これからも無理でしょう。
 一つ確かな事は、89点アップしたこの子に限らず、急上昇する子は全員、「点数を上げたい」と生徒自身が本気で思っていて、遅刻欠席なく、怒られても決してめげずに頑張り続けてくれたということです。※2

 頑張ることから逃げたり、やる気がなかったり、遅刻欠席ばかりするような子に90点を取らせることはできません。

 今の点数はどんなに悪くても構わない。
 勉強がすごく苦手でも問題無い。
 でも、『やる気』だけは必ず持って来て欲しい。

 そして、指示通りに本気で頑張ってくれる子なら、可能性は十分過ぎる程あります。

※2 当塾はできていない子に注意もせず甘やかすような指導は致しません。


3.やるべきことって何?具体的に何をやるんですか?


 90点以上を取るためにやることなので、高得点用に特別に作られた珍しい内容の高価な教材を期待している方もおられるかもしれませんが、そんなものは全く必要ありません。
 学校で支給されている問題集と同じレベルの教材1冊を9割方正解できるようにするだけで、まず間違いなく70点にはたどり着きます。深く理解した上で全問正解できるようにしておけば、つまり「完璧」にしておけば、その一冊だけでも90点以上を十分に狙えます。


4.勉強の仕方が分かりません。頑張ってやっているのに点数が上がらないんです...


 上の「やるべきこと」の質問でも述べましたが、問題集を一冊深く理解して完璧にすればいいだけです。
 しかし、勉強が苦手な子の多くは、この『完璧に』とか『深く理解して』とか『全問正解できるように』といったことができていません。
 全問正解したとしても、実は答えの丸暗記で全く理解していないということも日常茶飯事です。
 英語や数学では、答えをいくら暗記しても点数は上がりませんよね。
 きちんと理解した上で正解できるようにしなくてはなりません。

 価値のある勉強ができているかどうかを簡単に判断する良い方法があります。
 それは、「解説する」ということです。

 もちろん先生に「解説してもらう」のではなく、自分で「解説する」んですよ。
 正解にはなるけれど、なぜそれが正解なのか、どう考えてその答えに行き着くのか、といった『途中経過』を自力で解説できないのだとしたら、それは点数に全くつながらない意味の無い勉強をしているということです。

 そして当たり前ですが、その解説が正しくなくてはなりません。
 正しいかどうかどうやって判断するか?
 当塾の生徒の場合は、先生が細かくチェックしますが、自分で勉強しているときはどうすればいいか?
 それは、問題文中のポイント(A)からスタートして、教科書に載っている基本事項(B)や、そこから導き出される結果(C)などを経由しながら、

 『AだからB、BだからC、CだからD(答え)』

 という具合に、問題(A)から答え(D)までの説明が全て綺麗につながっているかどうかを意識すればいいだけです。
 理解できていない子は必ず、問題〜答えまでのどこかの過程で途切れてしまっています。
 例えば、

 『AだからD』

 といった具合に(笑)
 途中のBとCがすっ飛んでます。
 明らかにAという問題だけではDという答えを導けないのに...
 答えを暗記してしまっていたり、頑張っているのに点が上がらないという子の多くはこのような解説になりがちです。
 これでは、いくらこの問題を正解できたとしても、試験で全く同じ問題が出ない限り正解できません。

 本当は、「答え」よりも「途中」が大事なんです。
 解説の途中で少しでも自信の無い部分が見つかったら、そこを再度復習し、100%の確信を持って解説できるようにすればいいんです。(まぁ、勉強が苦手な子の場合、自信が無くても面倒臭がって、調べたり復習したりしない子が多いんですよね...自分に甘いんですよ。当塾では強制的に自分たちで調べさせます。)


 途中経過を完璧にしておけば、試験本番で少しくらい問題を変えられても、途中の考え方は同じなので当たり前に正解できるようになります。

 当塾が行っている「やるべきことをやって完璧にできるようにする」というのは、つまり、『問題集のテスト範囲を基本から応用まで全問、学校の先生が解説するのと同じレベルで生徒自身が解説しながら正解できるようにする』ということです。
 たとえ答えは正解していたとしても、途中経過が間違っていれば、問答無用でやり直しです。
 そうやって、途中の考え方も含めて『完璧』な状態を作っていくんです。

 要は、学校の先生と同じレベルで全問解けるようにするわけですから、90点でも取って当たり前ですよね。
 (当塾の場合、問題は時間です。時間さえあれば誰でもそのレベルに達しますが、生徒の現在のレベル、予備知識の量、受講しているコマ数、本人のやる気などによっては、テストまでに間に合わなくなります。)


指導法についてはこちらをご覧ください。



以下余談...
 よく、子供が目の前で悩んだり間違えたりしていると、すぐに正解を教えてしまう親御さんや先生がおりますが、そのような教育の仕方をしていると、「自分の頭で考えられない」「自分で解決できない」「助けてくれる人がいないと勉強できない」子に育ってしまうのではないでしょうか。
 答えを教えるのではなく、何を調べたら分かるのか、どこを復習すべきなのかということを一緒に考えて、生徒本人に調べさせ解決させることの方が余程有意義だと思います。
 生徒からしたら面倒臭いように感じるかもしれませんが、自分で深く調べもせず人に教えてもらったところで、分かった気になるだけです。ほとんどの子が1週間後に同じ問題をテストしても解けません。また同じ場所でつまずいて、同じ質問をすることになります。
 先生側としてもサッサと答えを教えてしまった方が楽だという気持ちは分かりますが、長期的な視点で考えたら、「困ったときに自分の力で解決できる」ように育てることの方が大切ではないでしょうか。
...以上余談


5.大手の塾へ行くか、個人の塾へ行くかで迷っています。個人塾の方がいいですか?


 何とも言えません。
 一長一短があると思います。
 大手なら、過去の模試などのデータも豊富にあるでしょうし、いくつも教室があるので、自宅に一番近い教室や、通学途中の教室を選ぶなんてこともできるでしょう。友達が沢山いて皆で切磋琢磨できるかもしれません。
 当塾のように小規模な個人塾は、データや利便性ではとても大手の塾にはかないません。しかし、個人塾というのは、アルバイトに指導を任せず、責任と信念を持って生徒一人一人の将来を考えた指導をしてくれる所があります。
 もちろん大手でも、そういった信念のある先生はいると思いますが、松山市の場合、規模の大きな塾がアルバイトの先生で成り立っているという面を考えると、小規模な個人塾の方が、本気の先生に出会う可能性は高いように思います。
 単純に生徒が少ない分、一人一人に目が届きやすいというのもあると思います。

 当塾の話をさせてもらえば、規模も小さく、そもそも沢山の生徒さんをお引き受けするだけのキャパシティがありませんし、一人一人の生徒さんに対して責任を持った指導をしたいので、どうしてもお引き受けできる人数には限界があります。今引き受けている子の中に極めて手のかかる子がいれば、これ以上の生徒募集はストップするということも珍しくありません。

 そのため、当塾は大手の塾の受け皿という立ち位置で構わないと思っています。
 大手の塾へ行ってもどうしてもうまくいかないというときに当塾を頼っていただければそれで良いです。

 大手の塾では、抱えている生徒の人数が多いが故に、一人一人に最適な指導というのは難しい部分もあるでしょう。
 友達が沢山行っているから何となく自分も大手の塾へ通っているという子は多いようですが、実際のところ、ほとんど点数が上がっていないという子も少なくないようです。
 大手の塾でうまくいかない子を当塾で救うことができれば、勉強を頑張っている子たちの学力の底上げができると考えています。

 もちろん、手遅れになる前には来てもらわないと、うちとしても困るんですが...


6.指導形態を教えて下さい。1対1ですか?


 当塾では、「授業前」「授業中」「授業後」に「先生が努力する」ことによって授業中の無駄な時間をできる限り省き、料金を抑え、それでいて、一番大事な「結果」をきちんと出すことができるということを前提に、基本1対3までで指導しております。
 しかし時間によっては前の子が居残りで長居をしている時もありますし、手の掛かる子がいる時間帯は一時的に1対1や1対2になる場合もあります。「うちは何対何です!」というのは正直どうでもいいと思っています。
 仮に1対100でも、それで最高の結果を残せるのなら何も問題は無いんですから。(むしろ素晴らしい)
 現状、当塾の力では、1対3近辺でないと全員に対して90点を狙った十分な指導ができないというだけです。


以下余談...
 1対1なのか、1対2なのか3なのかという細かい人数を気にしている親御さんは実に多いですね。
 まず、ひとつ言えるのは、まともな先生に1対1でお願いしようと思ったら、凄まじい金額を用意しなくてはなりません。当塾でも、もし1対1の指導形態を取るのなら、今の料金体系ではやっていけず、何倍にもせざるを得ません。
 指導形態がそんなに気になるのなら家庭教師にするのが一番手っ取り早いのですが、現実問題、手頃な料金にするためアルバイトの大学生にお願いし、良い結果が出ずに困っているという方が多いのではないでしょうか。

 私自身、家庭教師も塾での1対1の指導もしたことがありますが、1対1の良いところは「先生の仕事が楽」なところです。授業前の用意も楽ですし、授業中も一人を見ればいいだけですし、授業後も添削や答え合わせがほとんど無くて物凄く楽です。  生徒に問題を解かせている間やることが無くて暇なくらいです。
 (その時間を利用して次の指導内容の用意や、次の時間の生徒の予習をギリギリで行っている先生がいるようですが、授業の用意すらできていないような人が、生徒の点をガツンと上げる戦略を立てられるのでしょうか?甚だ疑問です。)

 1対1の指導というのは、「用意も楽」、「指導も楽」、「なのに高い時給」、だからこそ多くの大学生にとって人気のアルバイトなんですよ。

 もちろんアルバイトでも、先生としての責任を自覚して、生徒のことを一番に考えた指導をされている方もいるとは思いますが、
「時給が高いから」
「楽に短時間で稼ぎたいから」
という安易な理由でやってしまっている人が多いのも事実でしょう。
 そのような先生の特徴の一つは、「生徒と友達のように仲が良い」ということです。担当を変えられないように生徒と仲良くすることを重視しているとそうなります。信念や目標が無ければ生徒を叱る必要もありません。だから友達でいられるんでしょう。自分の仕事を「応援すること」だと勘違いしている人も多いですね。
 もし、最高の結果を求めて指導しようと思ったら、戦略を立て、計画を立て、生徒の出来を頻繁にチェックし、理解度を細部まで精査し、生徒の勉強の仕方に問題があればその都度注意し、それでも直らなければ叱り... まず先生が本気にならなくては、生徒を本気にさせることもできません。
 とても、友達気分でできるものじゃありません。
 生徒のご機嫌をとるだけで成績をガツンと上げられるのなら、私も真似したいくらいです。

 「先生」が「友達」に成り下がったら、もう引っ張り上げることなんてできません...
 できていない子を引っ張り上げようと思ったら、「優しい」だけじゃ無理ですよ。
...以上余談


指導法についてはこちらをご覧ください。



7.料金について教えて下さい。


 授業時間、学年、科目数に応じて変わります。詳しくはこちらをご覧ください。


8.料金が高くないですか?


 集団授業と比べれば、非常に高いと思います。
 もしかしたら、個別指導の中で比べても安い方では無いかもしれません。

 しかし、一人一人個別に理解しているかどうかを直接確認したり、日々のテストの「答え」だけでなく、「途中経過」まで細かくチェックしていると、授業時間以外でも膨大な時間を一人の生徒にかけることになります。
 他の個別指導型の塾や家庭教師と比べても、当塾ほど細かい部分までチェックしている所は無いと自負しております。
 それくらい徹底的な指導をしないと、「勉強が苦手で、尚且つ、一番嫌いな科目」なんて状態の子を短期間のうちに改善することはできません。

 質を落として安い料金にするか、料金を上げてでも質の高い指導をするか。
 正直なところ悩んだ時期もありましたが、「他の塾と同じような指導をして、同じような結果しか残せないのなら、塾をやる価値はない」と考え、たとえ、料金が高くなってしまうとしても、最高の結果を求めて指導させていただくことにしました。

 そのため、「どこでもいいから安いところ」をお探しの方には当塾はご縁が無いかもしれません。


9.コースについて教えて下さい。


 学校のテスト対策コース、入試や英検などの受験対策コースの2種類があります。詳しくはこちらをご覧ください。


10.教材は何を使っていますか?


 当塾で使用している教材についてはこちらをご覧ください。



Copyright (C) 2012 個別徹底指導ADVA All Rights Reserved.